風の子サークルでは新規会員を募集しています。「子どもに体を使う遊びをさせたいけど、どうしたらいい?」「子どもも親も友達がほしい」という方、ぜひ見学にいらしてください。詳しくはNPO団体風の子サークルのホームページへ。✉info@kazenoko-circle.com

2018年03月01日

2月27日(火)*今年度最後の預合い保育

今年度の最後の預合い保育は、天気に恵まれた気持ちのよい日でした。

227a(1).jpg
保育部屋に着いたら、まずはおもちゃを出して自由遊び。
保育当番のお母さん、保育専任スタッフと大人の数も多いです。

出席を取ったら、手遊び。
227a(2).jpg
子どもたちが大好きな「電車・パトカー・・」みんな張り切って真似をします。


227a(3).jpg
絵本は『おばけでんしゃ』
みんな真剣に見入っています。



トイレに行って、上着を着たら外遊びに出発です。

227a(4).jpg
何故か人気のゴミ箱。中まで手は入れられなくなっているのでご安心を!


227a(5).jpg
バケツを持って、どんぐり&BB弾という 幼児の2大宝物を集めていきます。


227a(6).jpg
地面にお絵かき。このあと線路を描いていました。

227a(7).jpg
お砂場も人気。

1時間以上外遊びをしたら、お腹がぺこぺこになります。
「お腹すいたよー」の声が聞こえてきたらそろそろお弁当の時間です。

227a(8).jpg
1歳の子もたくさん、しかも上手に食べます。

食後は室内で静かに過ごします。当番ではないお母さんが迎えに来てくれる前に
ミニシアターをやります。
今回は組み木細工の「おおきなかぶ」と「もも りんご いちご パイナップル」をやりました。

227a(9).jpg
みんな ノリノリです!

最後に「さよならあんころもち」をしたら、お母さんのお迎えです。

保育当番を交代でしてくれたお母さん方、1年間お疲れさまでした。
はじめは「自分の子どもだけでも大変なのに、よその子まで見守るなんて・・・」と尻込みしていた方もいたかもしれません。でもたくさんの子どもと接するといろんな気づきがあって、自分の子もよその子もみんな可愛い!!と思えます。それがとても楽しくて、卒会しても風の子サークルに居座り続けて10年以上経ってしまった保育スタッフが数名おります  見学も大歓迎です、気軽にのぞきに来てくださいね♪ プロフィールの欄に連絡先メールアドレスを記載しています。
ホームページもぜひご覧ください  NPO団体 風の子サークルのホームページ


posted by あべちゃん at 23:34| Comment(0) | 預け合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

2月9日(金)【母活動】風の子ぽかぽかヨーガ

毎週金曜日はサークル会員の母たちで集っていろいろな活動をしております。
本日はヨーガ。


昨年にひきつづき、松戸近辺で活躍している中井二葉先生をお迎えして。
180209yoga(1).jpg

まずは末端を温めます。

ふだんは「こころぽかぽかヨーガ教室」を主宰しているふたばさん。この屋号は小学生のお子さんが命名してくれたのだとか。


小さい子を育てている間は抱っこなど前屈みに縮む姿勢が多くなるので、手を上にあげるなど(これだけでもけっこう肩まわりに心地よい刺激が!)、胸をひらくポーズを中心に行って身体をメンテナンス。
180209yoga(2).jpg




リラックスを促す腹式呼吸の方法をていねいに確認し、うさぎのポーズ。
頭頂部ふきんを床につけると、心身に効くツボの刺激にもなるそうです。
180209yoga(3).jpg



糸通しのポーズ。
背筋をねじることで肩や首のコリを改善し、内蔵を刺激して代謝をよくする効果が。
180209yoga(5).jpg



ハーフブリッジポーズ。
腰痛や女性特有の痛みに悩むときにとくにオススメ。股関節まわりの筋肉にはたらきかけます。
180209yoga(4).jpg



最後はシャバーサナという仰向けに寝て脱力するポーズでお休みし、自分の呼吸に意識を向けながら瞑想しました。


冬は他の季節にくらべて水分をとらなくなりがちで身体のトラブルがおこることがままあるので、意識的に水分をたっぷりとるとよいそうです。


ふだんの生活ではしない動きをふんだんにすることで身体がほぐれ、ぽかぽかと温かくなったひとときでした。


子どもが小さい間は親子でともにいろいろな体験を共有して豊かな時間をすごすのももちろん大切なのですが、
子どもと離れて親自身のやりたいことに集中し、リフレッシュし、子どもの元に帰る。そういう機会を定期的にもつことも同じくらい必要なんじゃないのかなあと私自身も子育てをしていて感じます。
親が1人の人間としてガマンせず、のびのびと生きる背中を見せていくことで子どもの中に育つものがあるのかな、と。


今回のヨーガが、そして一年を通した毎週金曜日の風の子サークルの母活動がそうした役割をもつものであれたら幸いです。


2月16日(金)に見学会があります。
この日も保育の様子を見学したり、子どもを預けて母活動に参加したり、フリーの時間を体験してみたりできます。
(託児料は一回500円)
この日の母活動は子育て座談会です。 サークルのアドバイザーをつとめてくださっている藤田浩子さんを囲んで日々の子育てでかんじる疑問などを語り合います。


上記以外の金曜や毎週火曜日にも保育の様子をご覧になることが可能ですのでご興味のある方はお問い合わせください。
毎週金曜日は9:45〜11:45
毎週火曜日は9:45〜13:00
で活動しております。
ニーズに合わせて途中まで、途中からの見学も参加可能です。


活動の概要はHPに詳しくのっておりますのでよろしければご覧ください。
HP→http://kazenoko-circle.com/


すべてのお問い合わせは
info☆kazenoko-circle.com
(☆を@にかえてください)
まで。
お待ちしております☆


Written by あやねぇ

posted by あべちゃん at 15:42| Comment(0) | 預け合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

2月9日(金)通常保育の様子

毎週金曜日は、お母さんたちのお楽しみの日
今回は何とヨガの体験でした。風の子サークル会員でない方も参加して盛り上がったようですが、そちらのレポートは後日あげますので楽しみにお待ちください。今日は、お母さんたちがヨガを楽しんでいる間に子どもたちをお預かりした「保育時間」のレポートです。

風の子サークルで借りている小さなおうち「ひだまりルーム」に集合しました。今回初めて預けられる子がママと別れるのがイヤで大泣きでしたが、預かるスタッフはそんなこと慣れております
絵本を読んだり、積み木遊びに誘ったり、あの手この手で落ち着かせます。

みんなで手をつないで輪になって、わらべうた「ひらいたひらいた」をします。それまで涙が止まらかった子も「これは何だ?」と思ったようでみんなと手をつなぎつつも、不思議そうな表情をしていました。

1.jpg
手遊び「1と1で忍者がどろん」
みんなの注意を引きつけてから出席をとります。自らみんなの前に出て自己紹介する子、名前を呼ばれたら座ったまま元気に返事をする子、声を出さずにちょっと手を挙げる子。どの子も「自分が呼ばれたこと」をきちんとわかって、ちゃんとコミュニケーションをとっています。

2.jpg
みんなに人気の「りんご ごろごろ」

絵本の読み聞かせ『くっついた』


おむつを交換したり、トイレに行ったり、外に出かける準備ができたら出発です!
子どもたち同士やスタッフとふたり一組で手をつなぎ、近くの公園を目指しました。

3.jpg
公園についたら、魅力的な築山が・・・当然登りますよね


5.jpg
お砂場も人気。まだ歩けない子でもお砂場着を着せて砂におろすと大喜び!終始ニコニコ顔でした。

7.jpg
お山つくり。

4.jpg
太くて長い根っこを発見
「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけて「おおきなかぶ」ごっこをしました。


6.jpg
保育主任が、お迎えにくるお母さんたちに一足先に会いにいって、今回の保育時間の様子をお知らせします。そのあいだ子どもたちを集めてミニシアターをやります。

最後にみんな声を合わせて「おかーさーん!」と呼ぶと、お迎えにきたお母さんと感動の再会(!?)です。それまで元気いっぱいに遊んでいた子が、お母さんの顔を見た途端に泣いてしまったり不機嫌になってしまうことがありますがそれは甘えてるだけなので心配しなくて大丈夫ですよ。

また来週もいっぱい体を動かして遊びましょうね♪


posted by あべちゃん at 16:13| Comment(0) | 通常保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする