風の子サークルでは新規会員を募集しています。「子どもに体を使う遊びをさせたいけど、どうしたらいい?」「子どもも親も友達がほしい」という方、ぜひ見学にいらしてください。詳しくはNPO団体風の子サークルのホームページへ。✉info@kazenoko-circle.com

2018年01月24日

1月12日(金) 母活動・新春☆百人一首と宝引き 1月12日(金) 母活動・新春☆百人一首と宝引き 1月12日(金) 母活動・新春☆百人一首と宝引き

風の子サークルでは毎週金曜日、子どもを保育者に預け、会員母たちが寄り集まって子育てに役立つ学びの時間を設けています。


本日はお正月明け!ということで、年に1度の百人一首と宝引きで日本の伝統的遊びを体験しました。


まずは2班にわかれてスタンダードな百人一首。
読まれたうたをよく聴いて・・・
055.jpg

056.jpg


「ひと」ではじまるものがいくつもあったり、半分くらい同じ言葉だったりして、紛らわしい札もけっこうあります。


競技カルタのようにカッコ良くバシッととってみたり。
057.jpg

次は坊主めくりを。
068.jpg

坊主はすべてをもっていきます。


姫でないかな〜。


トランプをもってきてくれたお母さんがいたので、ババ抜きもしました。
075.jpg

「○○ちゃん、ババもってますね・・・?」
「そ、そんなことは!」



最後は宝引き。


宝引き(ほうびきと読みます)とは、お家に眠るステキなものを袋に入れてもってきて、みんなでくじびきなどで交換するというものです。

088.jpg

運命のふくろは・・・。
089.jpg

なにが入っているかしら!?



大人が全力で仲間と遊び、学ぶ。
未就園児を抱えているとなかなかとれないそういう時間を毎週もつことができることは風の子サークルの母活動の魅力のひとつなのかな、と思います。


1,2月中は風の子サークルの見学会を行っております。
保育の様子を見学したり、子どもを預けて母活動に参加したりできます。
(託児料は一回500円)


日程と内容はこちらです↓
2月3日(金)
母活動→絵本やおはなしについてワイワイ楽しく学びます。
2月10日(金) 
母活動→ヨガ(要予約。託児枠は満席ですが、子連れ参加枠あと2組ございます)
2月17日(金)
母活動→子育て座談会 サークルのアドバイザーをつとめてくださっている藤田浩子さんを囲んで日々の子育てでかんじる疑問などを語り合います。


上記以外の金曜や毎週火曜日にも保育の様子をご覧になることが可能ですのでご興味のある方はお問い合わせください。


金曜日は9:45〜11:45
火曜日は9:45〜13:00
で活動しております。


ニーズに合わせて途中まで、途中からの見学も参加可能です。


活動の概要はこちらのHPに詳しくのっておりますのでよろしければご覧ください。


すべてのお問い合わせは
info☆kazenoko-circle.com
(☆を@にかえてください)


まで。


お待ちしております

Written by あやねぇ


posted by あべちゃん at 23:29| Comment(0) | 母の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

6月30日(金) 母活動☆調理実習

毎週金曜日の母の学びの時間では、年に2度ほど講師の方をお招きして料理を学んでおります。
おいしくって身体もよろこぶマクロビオティックな料理を東葛地区で教えてらっしゃる高森さんに、夏のパスタとサラダとスープを教わりました。

今日の食材はこちら。
053.jpg

玉ねぎの切り方指南。できるだけ根っこだけを切れるといいですねとのこと。
059.jpg

みんなでわきあいあい。
2017-07-14 21.49.20.jpg

じっくり炒めます。
065.jpg

完成!
069.jpg

おいしいのはもちろん、身体も元気になりそうなご飯です。

エリンギは横に切るとホタテ風になる、ひき肉のかわりのセイタンミートをつかってそぼろをつくる、重ね煮でスープの素いらず…などなど目からうろこの技をいろいろと伝授いただきました。

毎日の料理に生かせるといいですね。

Written by あやねぇ


posted by あべちゃん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

6月9日(金)母学習☆歯科医師さんから子どもの口の中のことを学ぼう

この日の母の学びの時間のテーマは「子どもの口の中」。

気にはなるけど身体全体の健康についてほどは情報にふれる機会が少ないかもしれません。とくに子どもについては。

というわけで、会員の母からでた提案で歯科医師の川上朝子さんを呼んで90分間子どもと大人の口の中にまつわるさまざまなことをうかがいました。

まずは自己紹介がてら、皆の口の中にまつわる疑問をひととおりだし、問いに沿いながら話をしていくというカタチですすみました。

フッ素やシーラントの是非、歯間ブラシはいつから?、ジュースや炭酸水と虫歯の関係は…などなどたくさんの質問が。
川上さんが回答の前にまずおっしゃっていたのは、子どもを育むなかで何をしていくか、何を選んでいくかはその母自身が子どもに寄り添いながら考えていくことで絶対的な正解はないということでした。
だからこそたしかな情報を提供するからそこからそれぞれ必要だと感じるところを感じとっていってほしい、と。

たしかにこれだけたくさんの情報がメディアから毎日洪水のように流れてくると、我をみうしなって溺れそうになりますね…。歯に限らず。

1.jpg

ここではとくに盛り上がった「虫歯」についてQ&A方式で書いていきます。
川上さん自身も昔は虫歯のない子育てを目指していたそうですが、さいきんは虫歯という痛い思いをしてきちんと治して口の中に向き合っていくという道を辿っていく子どもたちを診ていて、それでもいいのではないかという気がしているそうです。

Q ジュースや炭酸はほんとうに虫歯をつくるのか
A 炭酸だけで歯が溶けることはないと思っています。砂糖などの糖類は気をつけたほうがいいと思います。

Q 歯磨きしないで子が寝てしまうことがときどきある・全ての歯を丁寧に磨く前に逃げ出してしまう
A 1日夜忘れたくらいでは虫歯にはならないと思っています。汚れの蓄積と時間で虫歯はつくられる。だから1〜2日でできるとは考えにくい。でも3〜5日はあやしいかも。子の歯磨きをするときは全て1日でできればベストだけれど、むずかしいときは2〜3日のスパンで全ての歯にあたるようにできるといい。

Q 歯磨きのベストタイミングは
A 夜に歯磨きをすることがいちばん固着をふせぐ。よく噛んで、舌や頬が動いたり、唾液をよくだすことで、歯の自浄作用もある。あえてよく噛むことになるようなものを差し出すのもいいかもしれない。スルメ、こんぶ。ひとくちサイズのおむすびより海苔巻きやスティックおむすびだと噛む必要があるのでおすすめです。

Q 虫歯になりにくい食事はありますか
A 砂糖などの糖類をなるべくとらないこと。パンよりはごはんのほうが糖の含有するおかずが少なくなる。たとえばごはん・味噌汁・納豆などはパン食に比べて糖分が少ない献立。野菜ジュースであっても口内に居座りやすい糖が多いので、それなら果物を食べたほうがちがう構造の糖であり、噛む必要があるのでまだいい。

経験に裏打ちされたお話は90分ではたりないくらい充実しておりました。

Written by あやねぇ



posted by あべちゃん at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする