風の子サークルでは新規会員を募集しています。「子どもに体を使う遊びをさせたいけど、どうしたらいい?」「子どもも親も友達がほしい」という方、ぜひ見学にいらしてください。詳しくはNPO団体風の子サークルのホームページへ。✉info@kazenoko-circle.com

2018年02月18日

2月9日(金)【母活動】風の子ぽかぽかヨーガ

毎週金曜日はサークル会員の母たちで集っていろいろな活動をしております。
本日はヨーガ。


昨年にひきつづき、松戸近辺で活躍している中井二葉先生をお迎えして。
180209yoga(1).jpg

まずは末端を温めます。

ふだんは「こころぽかぽかヨーガ教室」を主宰しているふたばさん。この屋号は小学生のお子さんが命名してくれたのだとか。


小さい子を育てている間は抱っこなど前屈みに縮む姿勢が多くなるので、手を上にあげるなど(これだけでもけっこう肩まわりに心地よい刺激が!)、胸をひらくポーズを中心に行って身体をメンテナンス。
180209yoga(2).jpg




リラックスを促す腹式呼吸の方法をていねいに確認し、うさぎのポーズ。
頭頂部ふきんを床につけると、心身に効くツボの刺激にもなるそうです。
180209yoga(3).jpg



糸通しのポーズ。
背筋をねじることで肩や首のコリを改善し、内蔵を刺激して代謝をよくする効果が。
180209yoga(5).jpg



ハーフブリッジポーズ。
腰痛や女性特有の痛みに悩むときにとくにオススメ。股関節まわりの筋肉にはたらきかけます。
180209yoga(4).jpg



最後はシャバーサナという仰向けに寝て脱力するポーズでお休みし、自分の呼吸に意識を向けながら瞑想しました。


冬は他の季節にくらべて水分をとらなくなりがちで身体のトラブルがおこることがままあるので、意識的に水分をたっぷりとるとよいそうです。


ふだんの生活ではしない動きをふんだんにすることで身体がほぐれ、ぽかぽかと温かくなったひとときでした。


子どもが小さい間は親子でともにいろいろな体験を共有して豊かな時間をすごすのももちろん大切なのですが、
子どもと離れて親自身のやりたいことに集中し、リフレッシュし、子どもの元に帰る。そういう機会を定期的にもつことも同じくらい必要なんじゃないのかなあと私自身も子育てをしていて感じます。
親が1人の人間としてガマンせず、のびのびと生きる背中を見せていくことで子どもの中に育つものがあるのかな、と。


今回のヨーガが、そして一年を通した毎週金曜日の風の子サークルの母活動がそうした役割をもつものであれたら幸いです。


2月16日(金)に見学会があります。
この日も保育の様子を見学したり、子どもを預けて母活動に参加したり、フリーの時間を体験してみたりできます。
(託児料は一回500円)
この日の母活動は子育て座談会です。 サークルのアドバイザーをつとめてくださっている藤田浩子さんを囲んで日々の子育てでかんじる疑問などを語り合います。


上記以外の金曜や毎週火曜日にも保育の様子をご覧になることが可能ですのでご興味のある方はお問い合わせください。
毎週金曜日は9:45〜11:45
毎週火曜日は9:45〜13:00
で活動しております。
ニーズに合わせて途中まで、途中からの見学も参加可能です。


活動の概要はHPに詳しくのっておりますのでよろしければご覧ください。
HP→http://kazenoko-circle.com/


すべてのお問い合わせは
info☆kazenoko-circle.com
(☆を@にかえてください)
まで。
お待ちしております☆


Written by あやねぇ

posted by あべちゃん at 15:42| Comment(0) | 預け合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。