風の子サークルでは新規会員を募集しています。「子どもに体を使う遊びをさせたいけど、どうしたらいい?」「子どもも親も友達がほしい」という方、ぜひ見学にいらしてください。詳しくはNPO団体風の子サークルのホームページへ。✉info@kazenoko-circle.com

2018年02月11日

2月9日(金)通常保育の様子

毎週金曜日は、お母さんたちのお楽しみの日
今回は何とヨガの体験でした。風の子サークル会員でない方も参加して盛り上がったようですが、そちらのレポートは後日あげますので楽しみにお待ちください。今日は、お母さんたちがヨガを楽しんでいる間に子どもたちをお預かりした「保育時間」のレポートです。

風の子サークルで借りている小さなおうち「ひだまりルーム」に集合しました。今回初めて預けられる子がママと別れるのがイヤで大泣きでしたが、預かるスタッフはそんなこと慣れております
絵本を読んだり、積み木遊びに誘ったり、あの手この手で落ち着かせます。

みんなで手をつないで輪になって、わらべうた「ひらいたひらいた」をします。それまで涙が止まらかった子も「これは何だ?」と思ったようでみんなと手をつなぎつつも、不思議そうな表情をしていました。

1.jpg
手遊び「1と1で忍者がどろん」
みんなの注意を引きつけてから出席をとります。自らみんなの前に出て自己紹介する子、名前を呼ばれたら座ったまま元気に返事をする子、声を出さずにちょっと手を挙げる子。どの子も「自分が呼ばれたこと」をきちんとわかって、ちゃんとコミュニケーションをとっています。

2.jpg
みんなに人気の「りんご ごろごろ」

絵本の読み聞かせ『くっついた』


おむつを交換したり、トイレに行ったり、外に出かける準備ができたら出発です!
子どもたち同士やスタッフとふたり一組で手をつなぎ、近くの公園を目指しました。

3.jpg
公園についたら、魅力的な築山が・・・当然登りますよね


5.jpg
お砂場も人気。まだ歩けない子でもお砂場着を着せて砂におろすと大喜び!終始ニコニコ顔でした。

7.jpg
お山つくり。

4.jpg
太くて長い根っこを発見
「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけて「おおきなかぶ」ごっこをしました。


6.jpg
保育主任が、お迎えにくるお母さんたちに一足先に会いにいって、今回の保育時間の様子をお知らせします。そのあいだ子どもたちを集めてミニシアターをやります。

最後にみんな声を合わせて「おかーさーん!」と呼ぶと、お迎えにきたお母さんと感動の再会(!?)です。それまで元気いっぱいに遊んでいた子が、お母さんの顔を見た途端に泣いてしまったり不機嫌になってしまうことがありますがそれは甘えてるだけなので心配しなくて大丈夫ですよ。

また来週もいっぱい体を動かして遊びましょうね♪


posted by あべちゃん at 16:13| Comment(0) | 通常保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。